ヒゲ脱毛を名古屋でするならどこがおすすめ?痛くないサロンまとめ。

ヒゲ脱毛を名古屋でするならどこがおすすめ?痛くないサロンまとめ。

ヒゲ脱毛を名古屋でするならどこがおすすめ?痛くないサロンまとめ。

男と言えど、やっぱり痛いのは苦手、という方多いのではないでしょうか?特に鼻の下やひげの脱毛なんて、脱毛サロンを間違えると痛くてやってられません。このページでは痛くないメンズ脱毛の脱毛サロンはどこにあるのか探している方におすすめのサロンを紹介します。

メンズ脱毛で特に痛い部位

経験者なのでわかるのですが、口ひげまわり、鼻の下とか、超痛いです。
頬はなんとか耐えられるけど、ひげは脱毛サロンによっては涙出てきます。。。
総じて、皮膚の薄い部分やデリケートな部分、つまりVIOまわりのデリケートゾーンは特に痛いです。ヒゲ脱毛に関しては、あごよりも首回りとか、鼻下は痛いのが苦手な男性にとっては、かなりツライ部位とも言えます。

痛くないのは脱毛サロンの光脱毛?医療レーザー脱毛?

痛くない脱毛サロンを選ぶうえでとても重要なのは、まずは脱毛方式です。
病院ではなく、ほとんどの脱毛サロンでは、光を脱毛部位に照射する光脱毛を採用していますが、クリニックでは医療レーザー脱毛を採用しています。

脱毛サロンの光脱毛は、痛いのが苦手な男性にとっては、最も適した脱毛方式と言えますが、ヒゲや濃いスネをツルツルにしたいという方には、やはり痛いのを我慢してでもクリニックの医療レーザー脱毛を選択するというのもありです。

なぜなら、厳密に言えば永久脱毛というのは、クリニックでの医療レーザー脱毛でしかできないからです。脱毛サロンの照射器とクリニックの照射器では出力に大きな差があるからです。

永久脱毛も痛いが電気脱毛も痛い!

痛い脱毛サロンと痛くない脱毛サロンの違いは、脱毛方式の違い。脱毛サロンの脱毛方式には、光脱毛と針脱毛があります。光脱毛は、脱毛部位に光を当てるだけでほとんど痛みはありません。
逆に針脱毛は、文字通り針を毛根にあてて、電流を流すので、
これが痛いんです!

針脱毛は、毛根一本ずつ処理するので、永久脱毛性が高いというメリットもあるのですが、それだったら光脱毛を何回かにわけてやったほうが、痛くなくて済みます。

痛くないヒゲ脱毛を受けられるサロンはここ!

電気脱毛方式を採用している有名脱毛サロンとしては、
ダンディハウス、メンズTBCがあげられます。ヒゲ脱毛は面積が狭いので、ダンディハウスの電気脱毛で1本づつ処理するのも、ヒゲのデザインをきれいに作るという点ではありですが、痛くない脱毛サロンが良いということであれば、どうしても選択肢から外れます。メンズTBCは昔は電気脱毛のみでしたが、現在は光脱毛も採用していますので、極力痛みを抑えて脱毛をすることも可能です。

また、光脱毛を採用しているおすすめの脱毛サロンとしては、
メンズ脱毛ラボ、ボウズ、リンクスです。特に脱毛ラボは、痛くないことを売りにしてきたメンズ脱毛サロンですが、最近は各社オリジナルの脱毛器を開発したりして、極力痛くならないような工夫をしています。

しかしながら、濃い青髭や胸毛で悩んでおり、コンプレックスとも言えるのであれば、痛いのを我慢してでもクリニックで永久脱毛の治療を受ける、という気持ちで
医療レーザー脱毛にチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか?

ヒゲ脱毛をするなら脱毛サロン?それともクリニック?
一言でメンズ脱毛と言っても、脱毛部位のニーズはさまざま。しかし、圧倒的に悩んでいる方が多いのがやはりヒゲ脱毛でしょう。ヒゲ脱毛を名古屋でするならどこがおすすめなのでしょう?
まずヒゲ脱毛の特長として、脱毛範囲が狭いということです。ヒゲの悩みもみんなバラバラだと思いますから、悩み別にまとめていきます。
・ヒゲをなくしたい
毎日の髭剃りが面倒でとにかくヒゲをなくしてしまいたいという方、パラパラとまばらに生えている方でしたら、ダンディハウスやメンズTBCの電気脱毛で一本づつ処理するのも確実かと思います。とは言え医療レーザー脱毛の効果はとても高いので、完全にツルツルにしてしまいたいなら、クリニックに通うのが確実です。逆に顎の下まで全面青髭、という方でしたら、一本づつ処理するのはお金も時間も掛かりすぎるので絶対におすすめしません。
脱毛性が高い医療レーザー脱毛で処理するのがベストでしょう。
・ヒゲを薄くしたい
青髭ほどではないけど髭が濃くて薄くしたい方も、広範囲に処理する必要がありますので、お金も時間もかかります。ただ、ヒゲの脱毛は一度通っただけでヒゲが無くなることはありませんので、時間と金額と相談になります。
ヒゲ脱毛初心者の方は、まずはクリニックと脱毛サロン両方を体験してみて選んでも良いかもしれませんね。
薄くしてみたいという方は、まずは脱毛サロンで効果を見てみるというのもありです。特に、クリニックは金銭的にツライということでしたら脱毛サロンでも十分ヒゲは薄くできます。

脱毛サロンより、クリニックの医療レーザー脱毛の方が脱毛性が高いのは確実です。
回数も時間も短くて済みます。
しかし、財布の中身には限りがありますので、どちらにするかは財布と相談と言うほかありません・・・
お金に余裕があるのであれば、間違いなくクリニックでしょう。
なるべく安く抑えたい、薄くしたい、時間は掛かっても良いからなくしたいということであれば脱毛サロン。
青髭に関しては、悩みも深いでしょうし、お金も時間もかかるかもしれませんが、
きちんとクリニックで「治療する」というイメージで医療レーザー脱毛を選択するのが良いかもしれませんね。

名古屋では
・フラッシュ(光)脱毛
・電気脱毛
・レーザー脱毛
の3種類のメンズ脱毛を受けることができます。

とはいうものの、それぞれの特徴を知っていないとどれを受けたらいいのかわかりませんね。

それぞれの脱毛の特徴・痛み・効果などを見てから、当サイトのメンズ脱毛サロン・クリニックランキングを見ていきましょう。

フラッシュ脱毛の特徴

フラッシュ脱毛はその名のとおり、光によって毛に熱を伝え、毛根を破壊・弱らせていく脱毛のことです。

フラッシュ脱毛の効果が得られるのは、毛周期でいうところの成長期の毛のみ。

退行期や休止期など、毛根と毛がくっついていない状態の毛には効果がありません。

フラッシュ照射から2週間ほどで効果が実感できます。


おすすめポイントはレーザー脱毛・電気脱毛と比べて圧倒的に痛みが少ないこと。

痛くない脱毛をしたいという方におすすめな脱毛です。


フラッシュ脱毛での脱毛は毛根を弱らせることを主な目的とするため、脱毛後にも定期的なメンテナンスをする必要があります。

ただ、フラッシュ脱毛を受けることで毛の成長速度が遅くなり、太さも見違えるほど細くなるので永久脱毛をしているのと効果の実感にほとんど変わりありません。

電気脱毛の特徴

電気脱毛は、TBCの独占脱毛方法。

現在日本で行われている脱毛の中で唯一100%の永久脱毛ができる方法です。


電気脱毛は毛穴の中に細いハリを刺し、針の先端を電気で熱します。

毛が生える根源の毛乳頭という細胞を直接熱によって破壊するので、毛が生えてくることは100%ありえません。

1度の施術で脱毛が終了すること。

当日に脱毛効果が実感できることがメリットです。

しかし、この電気脱毛、とてつもなく痛みが生じる上、メンズ脱毛の中でも価格が高く設定されています。

お金や痛みはどうでも良いから毛を完全になくしたい!

という方におすすめの脱毛方法です。

レーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛とは違いレーザーの熱が肌内部に侵入する深さが深いのが特徴。

そのため、確実に毛乳頭や毛を成長させる因子バルジを破壊できる位置までレーザーの熱が伝わり、永久脱毛をすることが可能です。

レーザー脱毛の脱毛器には様々な種類があり、痛みの強いものやあまり痛くないものなどが存在しますが、脱毛をするときに患者自身が脱毛器を選ぶことができません。

永久脱毛が可能なレーザー脱毛ですが、痛みが強く、多くのクリニックでは麻酔を使用しながらの施術を行っています。

脱毛を行ってから2週間ほどで効果が実感できますが、何度かクリニックに通う必要があります。

痛みは強いですが、確実に効果が得られるのがレーザー脱毛の特徴です。

メンズ脱毛に用いられる

・フラッシュ脱毛
・電気脱毛
・レーザー脱毛

の3種類の特徴が簡単にわかる比較表を作成しました。

  価格 効果 痛み 施術回数
フラッシュ脱毛
安い

永久ではない

弱い

5〜10回
電気脱毛
高い

永久脱毛

強い

1回
レーザー脱毛
やや高い

永久脱毛

やや強い

5〜10回
痛みがない・安い・ツルツルor毛を薄くしたいというあなたは
フラッシュ脱毛のリンクス


永久脱毛をしたい・1回で済ませたい・お金や痛みは気にしないというあなたは
電気脱毛のメンズTBC

永久脱毛をしたい・痛みをある程度抑えたいというあなたは
レーザー脱毛のゴリラクリニック

がおすすめです。

ひげ脱毛は痛い?


毎日毎日行わなければならないひげの処理は、本当に面倒ですよね。
私もひげをそるのが面倒くさくて、メンズ脱毛に行ってみたタイプです。
とはいえ、青ひげほどひどくはなかったのですが、青ひげぐらいひげが濃いと、毎日のひげ処理は
本当に面倒なんだなぁと思います。
そりゃ脱毛したくなりますよね。

メンズ脱毛をしようと思った時に、多くの人が気になるのが、どうやら痛みみたいなんですね。
どのくらい痛いのかってやっぱり気になりますよね。
やった人みんなが痛い痛いと口をそろえて言うもんだから、どのくらい痛いのかむしろ施術前には興味津々でした。

個人的にはかなり痛みには強い方なので、一言でいえば、確かに痛かったけど、我慢できないほどじゃないという程度でした。

脱毛部位によって痛みはかなり違う

私がやったのは、あごと鼻の下だったのですが、あごよりも鼻の下の方が断然痛いですね。
痛いというかかゆくてさすりたくなる感じです・・・。
特に、脱毛の方法は痛いことで評判?の電気針脱毛だったので、まぁ貴重な経験でした。
あごの下など皮膚の薄い部分も痛いですね。
よく、思ったより痛くありませんでした!とかレビューを見ますが、やっぱり痛いですよw
でも、これでひげがなくなるかと思えば、全然我慢できましたね。

痛いのは電気針脱毛。光脱毛は痛くない

電気針脱毛というのは、ひげの毛根一本づつに電気を通してひげが生えてこなくする方法です。
この方法を持ちているのが、当メンズひげ脱毛おすすめランキングでも
おすすめしているダンディハウス。メンズTBCも針脱毛を取り扱っていますね。
電気針脱毛のメリットは、一度施術すると、まず生えてこないという永久脱毛性の高さ。
痛いのがどうしても苦手!という人は脱毛ラボなどで取り扱っているフラッシュ脱毛がおすすめです。ただ、何度か当てないと、当て損じがあったりまた生えてきたりするので、そのあたりはじっくり取り組む必要があります。

覚悟を決めて電気針脱毛で永久にひげとおさらばするか、
フラッシュ脱毛にじっくり通ってひげを徐々に減らしていくか、
痛みに弱い人には、どちらを選ぶかけっこう考えどころな部分です。